amazonギフト券の買取比較ランキング【2017年最新版】

最終更新日:2017年09月22日

傷の確認と使用歴が特徴的なアマゾンギフト券買取

アマゾンギフト券買取には、主に2つ特徴があります。汚れと使用歴です。特に後者は、買取不可能になってしまう事もありますから要注意です。

まず前者の汚れですが、そこはチケット買取とは大きく異なる点と言えるでしょう。金券ショップなどでは、チケットに汚れが付いているかどうかはかなり重視される事になります。やはり汚れが著しいチケットなどは、どうしても買取額も下がってしまう傾向があるのです。またチケットに対する折れ曲がりなども、確認される事になります。2つ折りになってしまったチケットなどは、金券ショップでの買取価格が下がる事も多いからです。

したがって金券ショップで買い取ってもらう事を検討中なら、普段から保管状態を良好にしておく必要があります。もちろんチケットに対する傷なども、金券ショップでは確認される事になるのです。
ところがアマゾンギフト券買取では、それが確認されないパターンもよくあります。なぜならアマゾンギフト券には、メールで送付できるタイプがあります。いわゆる電子媒体で情報を送れる都合上、わざわざチケットの状態を確認する必要もないのです。この点は、アマゾンギフト券買取の大きな特徴と言えるでしょう。

ただし使用歴には要注意です。その履歴があると、残念ながらアマゾンギフト券買取が難しくなってしまう事があります。ですから使わない方が良い事もあるのです。

アマゾンギフト券には、必ず所定の金額があります。1,000円分や3,000円分など、購入時の決まった単位があるでしょう。
それで例えば3,000円分のアマゾンギフト券を購入して、取りあえず500円使ったとします。もちろん残額は、2,500円になるでしょう。

こういった状況になったアマゾンギフト券は、実は買取不可能になってしまう事がよくあります。メールタイプのアマゾンギフト券買取などは、あくまでも残額が全て残っている事が前提になるからです。
したがって3,000円分のギフト券を購入した時は、あくまでも3,000円全てが残っている必要があります。2,500円や2,300円などでは、買取を断られてしまう事も多々あるのです。

このように未使用の状態で買取手続きを行う事が前提になるのは、ある意味アマゾンギフト券の大きな特徴と言えます。ですから買取を検討しているなら、それを使わないように気をつける必要があるでしょう。
以上の使用歴と傷の確認という2点は、アマゾンギフト券買取の大きな特長と言えます。総じて使用歴が確認される点が、この買取の大きな特徴と言えるでしょう。

現在口コミはありません

口コミを書き込む